RAKUS Developers Blog | ラクス エンジニアブログ

株式会社ラクスのITエンジニアによる技術ブログです。

イベント詳細についてはこちらをクリック

ボーナスステージで実践するモブプログラミングのメリットとデメリット

id:radiocat です。今回はモブプログラミング Advent Calendar 2018の12日目の記事として投稿させて頂きます。久々のスクラム事例です。

qiita.com

私達のチームではスクラム開発の中で毎週モブプログラミング(以下モブプロ)をする時間を設けています。その名も「ボーナスステージ・モブプロ」です。

実践に至る経緯

まずは現在のモブプロのスタイルを実践するに至った経緯をご紹介します。

チームの知識共有

我々が開発を担当している楽楽精算はチームで開発を進めていくうえで以下の2点が課題となります。

  • 経理業務の知識
  • レガシーかつ経理業務に合わせた独特なシステム設計

例えば、今年リリースした iPhoneアプリ は精算時に使う領収書を撮影して保存することができますが、領収書を電子化して保存する経理業務の背後には「 電子帳簿保存法 」という法律があります。操作性やアーキテクチャの側面だけでなくお客様の経理業務への効果や影響も意識してシステムを実現する必要があるためチームの知識共有がとても重要になります。

メンバーの半分がチームにJOINして1年未満

体制の変更もあって経験と立場がそれぞれ違うメンバー構成となり、それまでのように知識豊富な一部のメンバーがリードして進めるスタイルの限界を感じていました。

f:id:radiocat:20181208190044p:plain:w500

スプリントにモブプロを取り入れてふりかえりで改善

モブプロには以前から実験的に取り組んでいましたが、これらの課題が明確になってきてからは思い切ってスプリントの一部に組み込むようになりました。はじめはスプリント計画時にモブプロでやったほうが良い開発タスクを決めてモブプロの時間を設けていました。しかし、モブプロのために全員のスケジュールが合う時間を調整しなければならずスプリントを進めるうえでの負担になってしまいました。ふりかえりでこのような課題を議論した結果、スプリントで計画するのではなくスプリントが終わってからモブプロするほうが取り組みやすいという結論になりました。

スプリント最終日の午後はモブプロタイム!

1週間スプリントの木曜は朝からスプリントレビューなので前日の水曜日は15時に開発が完了することを目標に計画していました。計画通りに終わればそれ以降は直前に開発した機能のPOレビューや翌日のスプリントレビューの準備、次のスプリントの準備の時間に充てます。計画より早く終われば改善などにも取り組むことができるので、この時間をボーナスステージと呼んでいます。モブプロに取り組むようになって試行錯誤の結果、このスケジュールをさらに繰り上げて開発完了目標を水曜午前中までとして、モブプロをボーナスステージに組み込むことにしました。

f:id:radiocat:20181208190921p:plain:w500

実装やコードレビューの中で「ここがわからない」「ここの知識が共有できていない」と気づいた部分は「今週のモブプロのお題にしよう!」と決めてリストアップしておき、ボーナスステージでテストコードを強化したりリファクタリングしたりしながらモブプロするようにしています。

スプリント中にモブプロすることを禁止しているわけではないですが、開発中はスプリントの完了を優先させて取り組み、ボーナスステージに突入してから落ち着いてモブプロに取り組むスタイルが定着しています。チームで決めたトレードオフスライダーの最上位が「納期」であることもこのスタイルが定着する要因のひとつと言えるかもしれません。

f:id:radiocat:20181209191718p:plain:w500

実践のポイント

モブプロを実践する中でチームで合意している取り決めがいくつかあります。

モブプロはあくまでボーナス

開発中にトラブルが起きて計画どおりに進められなかった場合、ボーナスステージは無くなります。その時は無理にモブプロをすることはしません。チームの最優先は「納期」なのでまた次のスプリントで頑張ってボーナスステージに突入できるように改善していくだけです。

知識の共有をメインにする

我々のチームのモブプロの目的は今のところ知識の共有なので、それ以外の目的でモブプロすることはしません。ボーナスステージに突入しても特に共有が必要なテーマがなければ無理にモブプロはしていません。逆に知識の共有が必要なことであればプログラミングに限らずモブの時間を取るようにしています。最近ではコードレビューふりかえりと呼んで、プログラミングの観点だけに絞ったふりかえりの時間を設けてより良いコードの書き方やコードレビュー観点などを議論する時間を取ってみたりもしています。

環境の共通化

我々のチームでは各自のノートPCを持ち寄ってモブプロしていますが、モブプロあるあるの課題としてドライバーを交代した時に他人の設定している環境が使いづらいという問題があります。そのため、チームで話し合ってモブプロのときに使用する最低限のIDEの設定などをいくつか決めています。個人で開発している時に設定を変えるのは自由ですが、モブプロの時にはみんな同じ設定で作業します。人によっては普段より効率が落ちるケースがあるかもしれませんが、事前にチームで話し合って決めたルールなのでモブプロの時は合わせてもらいます。事前に決めておくことで、モブプロの時に突然設定が変わって戸惑うことも少ないですし、事前に設定して慣れておくこともできます。

メリット

このようなモブプロの実践についてメリットを考えてみました。

生産性の話をしなくていい

モブプロを実践するうえで最も議論になるのが生産性の話です。1つのプログラムをチーム全員でプログラミングするのは効率が悪いのではないか?というヤツです。 しかし我々のやり方の場合、スプリントの開発は既に終わっています。やるべき事をやったので、もっと良くするために知識を共有する目的でモブプロをやっているだけなので少なくとも開発チーム内で生産性の議論をする必要がありません。生産性の議論をしなくて良いのはモブプロを実践するうえで非常に取り組みやすい状況です。

安心して開発に集中できる

「知識の共有」と言うのは簡単ですが、知らない事を知るという意味では言うほど簡単な事ではありません。1週間という短いスプリントの中でメンバー間の知識差に気づいた時には、時間的にも精神的にもそれほど猶予はない状態なので、「じゃあちょっとモブプロでもしようか」とはならないのです。「ここはひとまずこのまま進めておいて、あとでみんなでモブプロしながらリファクタリングしよう」と言えるのはチームにとって非常に強力な手段となります。

ボーナスステージへのモチベーションが上がる

なんだかんだ言ってみんなで集まってワイガヤしながらプログラミングするのは楽しいです。1週間のスプリントを無事に終えてリラックスしながら、成果物をさらに良くしていくというのはスプリントを早く終わらせてモブプロしようというモチベーションにも繋がります。

デメリット

モブプロ自体のデメリットではありませんが、ボーナスステージで実践することにはいくつかリスクがあります。意識して取り組めば回避可能なので紹介しておきます。

デグレードのリスクがある

スプリントの最後にモブプロでリファクタリングするということは完成したものに手を加えるということなのでデグレードを起こすリスクがあります。翌日は朝からスプリントレビューなので、完成したはずの機能が万が一動かなくなっていたらスプリントでやってきたことが全て水の泡です。そこまで大事には至らなかったものの、実際に我々もデグレードを起こしてしまったことがあります。そのため我々はモブプロを行ったあとに一通りの機能を再度テストをして終わるようにしています。

予定が立てにくい

ボーナスステージというのはうまくいけば訪れるものなので、事前に計画することができません。モブプロしようと思ったら全員が集まれる場所が確保できなかったということも起こりえます。デイリースクラムで日々の状況をうかがいながら先回りして予定を確保する必要があります。

もっとできるのにがんばらないリスク

スプリント終わりにモブプロをするのを「ありき」にしてしまうと、その分の余裕をみて計画を立ててしまいます。しかしそれではチームのパフォーマンスは上がっていきません。あくまでスプリントで出来ることを出来るだけこなしたうえで、余裕があればモブプロを実行するのが理想です。POやステークホルダがもっとたくさん作って欲しいと思っているのに開発チームがスプリントを早めに切り上げてモブプロしているような状態になってしまうとモブプロの意義も疑われてしまいます。これはスクラムマスターがしっかり状況を判断してコントロールしなければなりません。

まとめ

我々のチームでは知識の共有を目的としてモブプロを実践することでチーム力を強化してきました。最近ではスプリント計画時にもこれからモブプロをするかのように、みんなでプログラムを見ながら「ここをこうするんだ」と議論して計画を立てるようになりました。新たに若手のメンバーも迎え入れてチームを強化している最中で、学習をテーマにしたモブプロも実践してみたいと話をしています。

f:id:radiocat:20181209193216p:plain:w500

このように我々はチームを前進させるために目的を決めてモブプロを取り入れています。モブプロには他にも様々な効果があると思いますが、目的を絞って取り組んでみると改善点も明確になるのでチームに定着させやすいと感じています。


お知らせ

楽楽精算開発チームでは1年前からスクラム開発を取り入れて実践してきました。これらの取り組みを2月に行われる Scrum Fest Osaka 2019 ご紹介できればと思い応募していますので、よろしければ投票お願いします。

confengine.com

Copyright © RAKUS Co., Ltd. All rights reserved.