RAKUS Developers Blog | ラクス エンジニアブログ

株式会社ラクスのエンジニアブログ

イベント詳細についてはこちらをクリック

Laravel JP Conference で登壇した話

いろいろなところでネタになっている開発エンジニアの坂田です。

以前の投稿で周知されました通り、先日開催されたLaravel JP Conference 2019に登壇してまいりました。これも以前の投稿で触れていましたが、株式会社ラクスは BRONZE スポンサーとしてイベントに協賛しました。

イベント概要

conference2019.laravel.jp

登壇

チャットディーラーの高速開発を支える Laravel(30分セッション)

speakerdeck.com

昨年の PHP カンファレンス関西 2018 で発表した内容から資料を修正して再演しました。

感想

個人的にはあまり満足のいく発表が出来なかったなというのが正直な感想です。

  • マイクを持ってしゃべればよかった
  • 発表中、聞いてくれている人たちをあまり見れていなかった(話に興味を持ってくれているか不安になった)
  • 時間を余らせてしまった
  • 登壇力が足りない

ただ良かったこともありました。

  • 「Mustache Injectionという言葉を流行らせたいので覚えて帰ってください」がちょっとうけてた
  • Mustache Injectionについてつぶやいてくれている人がいた

やはり脆弱性に関する話題は関心をひきやすいのだなという印象です。

Mustache Injectionに関して参考

Mustache Injectionに興味を持ってくださった方向けに参考情報を載せておきます。

Copyright © RAKUS Co., Ltd. All rights reserved.