RAKUS Developers Blog | ラクス エンジニアブログ

株式会社ラクスのITエンジニアによる技術ブログです。

Excelで正規表現を使って置換する方法

こんにちは、新卒2年目のmrym_618です。
今回は、VBAやマクロを使わずに、Excel正規表現を使って置換する方法についてまとめていきたいと思います。

はじめに

最近、業務でExcel正規表現を使って置換したいことがありました。
しかし、Excelの置換機能では、正規表現を使うことができませんでした。
VBAやマクロを使えばできそうですが、VBAやマクロの知識があまりないので少し難しそうだと思っていました。
そこで、もっと簡単に正規表現を使える方法について調べてみると、エディタを使うことでできることがわかりましたので、その方法を紹介していきたいと思います。

エディタを使って置換する方法

今回は、サクラエディタを使った方法について紹介します。
まず、Excelをコピーし、サクラエディタに貼り付けます。
その後、サクラエディタのメニューバーの「検索」→「置換」を選択します。
f:id:mrym_618:20190924085742j:plain
ここで、「正規表現」にチェックを入れ、置換したい文字列を入力します。
f:id:mrym_618:20190924085811j:plain
最後に、置換した文字列をExcelに貼り付けることで、Excelの文字列を正規表現を使って置換することができます。

最後に

今回は、エディタを使いExcel正規表現を使って置換する方法についてまとめました。
この方法を使うことで、VBAやマクロの知識がなくても正規表現を使って置換することができますので、もし同じことで困っていれば、参考にしてもらえると幸いです。
また、今回はサクラエディタを使う方法を紹介しましたが、他のエディタでも同様のことができるはずなので、ぜひ試してみてください。

Copyright © RAKUS Co., Ltd. All rights reserved.