RAKUS Developers Blog | ラクス エンジニアブログ

株式会社ラクスのITエンジニアによる技術ブログです。

【PHP8】match式/switch文の違いとバグの入りにくさ

f:id:tech-rakus:20200917144339p:plain

はじめに

PHP8で導入されるmatch式が導入されます。プログラマとしてはどういった場面で使いやすいのか、バグが入りやすさはどうなのかといった点が気になるのではないかと思います。 この記事では、match式についてswitch文との違いを述べながら、構文の性質からどういった場面で役立ちそうかを私なりに考えまとめました。

続きを読む

【エンジニアの勉強法ハックLT】を開催しました

f:id:tech-rakus:20200910165312j:plain

はじめに

こんにちは!技術広報チームの itoken1013です。
2020年に入ってから、ラクスはオンラインイベント開催に積極的に取り組んでいます!
今回はその中でも多くの方に参加をいただき大好評である、エンジニアの勉強法ハックLTを紹介します。

rakus.connpass.com

  • はじめに
  • イベント概要
  • LTの紹介
    • 1. ゲームで学ぶマネジメント/白柳隆司さん
    • 2. 私にとっての学び/ariakiさん
    • 3. esaを使ったインクリメンタル勉強法/Eiichi Horiuchiさん
    • 4. 冴えないチームの育て方/としぞおさん
    • 5. 面倒臭がりだってキャッチアップしたい - RE:Bot から始めるものぐさ生活/みのるさん
    • 6. 三日坊主でも勉強がしたい/脱脂綿さん
    • 7. 自己学習を支える Inoreader + Notion/Logyさん
    • 8. やはり俺のLT登壇はまちがっている。/moomooyaさん
  • おわりに & 次回予告
続きを読む

「要求を仕様化する技術・表現する技術」から学ぶ要求仕様書作成テクニック

f:id:west-c:20200910001913j:plain

こんにちは、west-cです。

業務にて要件定義を行う機会があり、その成果物である要求仕様書の書き方を学ぶために『【改訂第2版】[入門+実践]要求を仕様化する技術・表現する技術』という書籍を読みました。今回はその内容をご紹介します。

おすすめの読者層

  • 要求仕様書の目的・ゴールが曖昧な方
  • 自身が作成した仕様書において、仕様漏れや仕様の衝突が後工程で発生したことがある or 発生しないか不安を抱えている方
  • 依頼者から要求を引き出す方法の糸口を掴みたい方
続きを読む

Dockerを利用してPHP実行環境を構築してみた

f:id:yykaoru:20200830162250p:plain

はじめに

はじめまして、新卒1年目のyykaoruです。
今回はDockerを勉強しようと思い、DockerでPHPの実行環境を構築してみたお話です。

前提

  • Docker、docker-composeがインストールされていること

やってみること概要

今回行うことは、phpコンテナにローカルストレージのsrcをマウントし、nginxコンテナからアクセスして確認、という流れです。
ファイル構成とソースコードを順番に説明し、最後に実行してみたいと思います。

  • はじめに
    • 前提
  • やってみること概要
  • ファイル構成
  • ソースコード
    • docker-compose.yml
    • default.conf
    • Dockerfile
    • php.ini
    • index.php
  • 実行
  • 最後に
続きを読む

9年間の取り組みから学んだ変化の波をノリこなす3つのステップ ~デブサミ2020関西登壇レポート #devsumi

id:radiocat です。2020年8月27日に開催されたDevelopers Summit 2020 KANSAIに登壇させていただきました。今回はそのレポート記事です。

f:id:radiocat:20200904203750p:plain
セッションの様子

続きを読む

【PostgreSQL】GINインデックスのGIN高速更新手法について検証してみた

f:id:tech-rakus:20200903164106p:plain

はじめに

こんにちは。kkystです。
開発を担当しているプロダクトではpg_bigmを利用して全文検索機能を提供しています。
今回、その全文検索を行っているテーブルにINSERTを行う一部の処理で、応答時間が増えていることを検知しました。
そこでその原因を調査していったところ、GINインデックスのGIN高速更新手法にたどり着き、待機リストの有無による応答時間の検証を行いました。
その結果として、GIN高速更新手法の有効性を確認することができたので、検証の記録を残しておきたいと思います。

  • はじめに
  • 概要
    • GIN高速更新手法とは
    • 検証環境
    • 検証内容
    • 検証結果
  • おわりに
続きを読む

GitHubのシークレットスキャニングに助けられた話

f:id:tech-rakus:20200901193742p:plain

はじめに

はじめまして、新卒一年目のYoshidaMichaelです。
研修でGitの使い方を学び、「家で作ってるBotもGitで管理しちゃうぞー!」なんて意気込んでいたわけですが、
うっかりトークンが載った状態のコードをpushしてしまって大変なことになりそうでした。

今回はそれをGitHubに助けていただいた、そんなお話です。

続きを読む
Copyright © RAKUS Co., Ltd. All rights reserved.