RAKUS Developers Blog | ラクス エンジニアブログ

株式会社ラクスのエンジニアブログ

Swiftのクロージャについて

はじめに

こんにちは。ラクスエンジニアのstrongWhiteです。
今回はSwiftにおけるクロージャの書き方をまとめようと思います。
クロージャJavaScriptなどを勉強した方は馴染みがあるかもしれませんが、初めての方は慣れるまで時間がかかるかもしれません。
なお、今回はSwift自体の説明を省きます。過去の記事でSwiftについて触れているので、気になる方はそちらをご参照ください。

クロージャとは

まずは前置きから。そもそもクロージャとは?ですが、簡単に言うと名前のない関数です。
文章にすると余計に混乱されるかもしれませんが、あえてまとめるなら以下のような感じでしょうか。

  • 自身が定義されたスコープ内で解決する関数
  • 実行結果を次の処理で続けて使用する関数を作成したい場合に使用

これを読んでも意味不明だと思いますので、後ほどサンプルコードを書いてみます。

コールバックとは

クロージャとは直接関係ありませんが、この後のサンプルコードにコールバック関数が出てくるので、コールバックとは?という方のためにあらかじめ解説しておきます。
コールバックとはあとで呼ぶという意味で、呼び出し先の関数の中で実行されるようにあらかじめ指定しておく関数をコールバック関数と言います。関数の中で別の関数を呼ぶイメージです。

実例(通常の書き方)

それではサンプルコードを見ていきましょう。まずは通常の書き方から。単純な文字列を出力するプログラムです。

func A() {
    print("RAKUS Developers Blog", terminator: "")
    B()
}
        
func B() {
    print("を読んでラクスを知ろう")
}
        
A()

// 出力結果
// RAKUS Developers Blogを読んでラクスを知ろう

実例(クロージャの書き方)

続いてクロージャを使ったサンプルコードです。処理内容は通常の書き方と変わっていません。

func A(title: String, callback: (String) -> (String)) {
    print(callback(title) + "ラクスを知ろう")
}

A(title: "RAKUS Developers Blog") { (blogName) in // <--クロージャ
    return blogName + "を読んで"
}

// 出力結果
// RAKUS Developers Blogを読んでラクスを知ろう

ややこしそうですが簡単に処理の流れを解説すると、関数Aの実引数titleの値がcallbackの引数になる=blogNameの引数になります。
そしてRAKUS Developers Blogを読んでが足された文字列がreturnされ、関数Aの処理でさらにラクスを知ろうが足され、最終的な文字列が出力されることになります。
高度な書き方に見えますが、Swiftをやっているとよく出てくる書き方なので覚えておいて損はないです。
このとき、関数Aのcallbackが前述したコールバック関数です。関数Aで呼び出されて初めて処理が行われます。

クロージャにすると何がよいのか?

最初に書いたように実行結果を次の処理で続けて使用する関数を作成したい場合に有効です。
例えば、ダウンロードしたCSVファイルを返す関数downLoadCsvがあるとします。サンプルコードでいうとdownLoadCsvは関数A相当になります。
downLoadCsvから返されたCSVファイルをもとに後続の処理を行いたい(例. CSVファイルをパースする)場合、クロージャdownLoadCsvの返り値を記述してあげれば実行結果を引き継げます。
慣れるととても使いやすく、記述もシンプルになるので、クロージャの書き方をぜひマスターしてみてください。

Copyright © RAKUS Co., Ltd. All rights reserved.